和歌山県すさみ町での磯釣りメジナ狙い 少し寒かった!

yokojima

今日は3/27(土)少し寒いけど磯釣りにすさみ町までレンタカーで行ってみた。

予想通り到着したら誰も来ていない。6時前になっても釣り人が来ない。私一人のようだ。
6時に前田渡船の親父さんが現れた。「まだ水温が低いからあまり釣れていないので水深がある横島で釣りをやってもらう」と船に乗りながらしゃべっていた。

横島には出港してから1分ほどで着く港から泳いで行けるほどの距離にある磯になりました。到着するとすぐに釣りに準備を始めた。仕掛けは全遊動仕掛けで風もあるので1.7号の道糸、ハリス1.5号で釣りを始めました。

マキエを撒くとエサ取りがたくさんやってきた。前回はエサ取りすらいなかったので何とか釣れる予感がする。2投目にウキが沈んだので合わせてみるとベラ、そのあとも手のひらサイズのコッパグレばかりが釣れます。

コッパグレよりも少し深い層を狙うのと風が強くなってきたので大きめの0号ウキに変更し、ハリスに8号のガン玉を打って釣りを始めた。この変更がよかったのかウキが消し込まないが少しの変化があったので合わせると30cmあるかないかのグレが釣れた。そのあとも手のひらよりも若干大きなグレ、カワハギが掛かった。

ウキが5cmほど沈んだののですかさずアワセを入れると、一気に走られて竿をのされて、ハリスを「ブチィ」と切られた。一瞬の出来事であった。「セオリー通りにリールのベールを戻さずにフリーにしてサミングだけで合わせていればとれたかもしれない」と思いながら、今日は納竿した。

今日の釣果は手のひらサイズはリリースしたので持って帰ったのは以下の写真である。カメラを磯に持っていくのを忘れてしまったので家に帰ってからキッチンでウロコを取ってからの写真となった。

スポンサードリンク

IMG_0423
IMG_0425

刺身にして7人で食べたので1人当たり数切れほどしか食べれなかったがとてもおいしかった。魚をさばきながら使っている包丁は結婚してずっと使っているが切れ味がすごいなぁ。

この包丁はお母ちゃんが結婚祝いに嫁にプレセントしてくれた物だがまだ研ぎ直したことがないけどまだまだ切れる。

最近ホームセンターで買ったものはもう切れ味が悪くなっていて研ぎなおさなければならない。そう考えると職人が作った包丁は「一生物になるすぐれもの」職人さんはすごい!と感心した。

IMG_0426

魚の三枚おろしは意外に簡単なのでやってみてほしい。難しいのは皮と身を分ける作業だが包丁が良く切れれば、自分の腕が上がったと勘違いしてしまうほどだ。

ぜひとも切れ味のよい包丁を買って刺身を作っていただきたい。
次の釣行の時には刺身にする記事を作ってみましょう。


スポンサードリンク




魚の3枚のおろし方

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。