チヌ43cmをゲット 初めての舞鶴釣行がおもしろい

舞鶴でチヌ43cm

「今日は大物が釣れそうな予感」起きた瞬間思った。
それが正夢になるとは思ってもいなかった。

いつも行く南紀は台風の影響で大シケで釣りに
ならないのを電話で聞いていたので今回初めての
日本海-舞鶴で釣りをすることにした。

いつも行く会社の上司と日本海に向かい、今回
お世話になったのは舞鶴の岩崎渡船さん
ある。初船出は朝4時半、なんとか間に合い
乗せてもらった。

初めて使う渡船だったのでもちろん常連さんが先に
その日のいい磯に渡してもらうので私たちは最後に
渡してもらった。

すぐに準備をし、釣りを始めるが、7月初旬ってこと
もありエサ取りが半端なく多い。セオリー通りコマセは
磯際、仕掛けは少し遠投して様子を見ていたがすぐに
サシエがエサ取りに食べられてしまう。

たまに釣れると言えばベラ、チャリコなど
持って帰れるような魚はまったく釣れなかった。
余りにも釣れなく、かかっても外道が続いたので
8時頃とてつもない睡魔に襲われて磯で1時間ほど
眠ってしまった。

スポンサードリンク

狙いをグレからチヌに作戦変更

釣れる魚が海底にいるチャリコやベラだったので
ターゲットをグレからチヌに変更することにした。
仕掛けも円錐ウキから遠矢ウキに変更し、ウキフカセ
ダンゴ釣りにした。使うダンゴエサは写真の物を使う


スポンサードリンク





フカセダンゴ釣り用くわせダンゴ

マキエが少しでも底にたまるように水を加えた。
サシエ用にダンゴの練方は1袋に対して水約
300ccを加え、かき混ぜる。

フカセダンゴ釣り1
それを直径2cmぐらいになる
ダンゴになる程度を手に持ち、サシエの
オキアミを包めるように片手で平らに
広げてあげる。
フカセダンゴ釣り2
広げた中にオキアミを入れ、そっと包んで
しまえば、くわせダンゴは出来上がる。

しばらくするとウキに変化がみえだした。たまに
不自然にウキが少しだけゆっくりと沈む。

「間違いなくチヌのアタリだ。その次のアタリは
かけてやる」と思っていると、

次の瞬間ウキが少し沈んだ。間髪入れずあわせて
みると竿が大きく湾曲した。周りに障害物は岩場
だけなのでこれさえかわせば何とか取り込めるはず。

2、3分のやり取り後何とかタモに取り込めること
ができた。

舞鶴でチヌ

「でかい!」採寸してみると43cm。
ひさびさの40cmオーバー「とにかくうれしい!」
気をよくして納竿の2時まで粘ってみたが、やっぱり
釣れるのはベラばっかり。結局、持って帰れたのは
この1匹だけであった。

持って帰り、刺身とアラ炊きにして食べた。
格別においしく感じた。


スポンサードリンク




チヌの3枚おろしの方法

ウキフカセまとめページ

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。