チヌ釣り仕掛け 全誘導0号、00号、000号の違いを習得!

チヌ釣りに近年よく使われる全誘導のウキがありますよね。

全誘導のウキには0号、00号、000号がありますよね。

これらをの使い分け、もしくは違いをわかって使用できているでしょうか?

偉そうに言っている僕もあまり解っていなかったので、確認する意味でも記事にしてみようと思いました。

釣り場に到着して、僕の場合はウキ00号から始めます。

ハリスの角度を確認し、サシエサが残るか、すぐに無くなるかどうかの判断で、ハリスにガン玉を足したり、サシエを変えたりします。

ウキが加速していくような理想のアタリが出るように仕掛けやサシエを変更します。


スポンサードリンク




0号、0シブ号、00号、000号の違い
0号 zenyuudou0 全誘導 固定、全誘導仕掛けとも、仕掛けが馴染んだあとはウキは浮力ギリギリで海面に浮いています。
全誘導ではウキを浮かせたまま、仕掛けだけを沈めていきます。
海面付近が穏やかで、目でアタリを取りたい時に使用します。
固定
0シブ号 zenyuudou0sibu 全誘導 ウキ単体で予浮力を少し残したシブシブ状態で浮いています。
仕掛けが馴染むとギリギリで浮いている状態で潮目などの変化のあるところでゆっくりと沈み始めます。
固定 仕掛けが馴染むとゆっくりゆっくりと沈み始めます。
00号 zenyuudou00 全誘導 ウキ単体で余浮力がなく、ギリギリ浮いている状態なので、仕掛けが馴染むと、ウキはサスペンド状態でラインは沈み込んでいきます。
固定 仕掛けが馴染むとゆっくりと沈み始めます。
000号 zenyuudou000 全誘導 000号のウキ単体でオキアミと同速で沈む設定になっているので、固定、誘導にかかわらず着水と同時に沈みます。
仕掛けのバランスを考え、仕掛けがウキよりも早く沈むようにガン玉をつけるので、潮流の早い場所に適します。
固定


スポンサードリンク




全誘導のフィールド

釣り場に状況というのは水温、波、風、潮、エサ取りの量、ターゲットの活性など、釣行の度に異なるのが普通である。

その全ての状況に対して、1つの仕掛けで対応できればこれほどラクなことはないが、実際はその場その場の状況に合わせて最適な仕掛けやサシエサが要求される。

その仕掛けは固定仕掛けや、誘導仕掛け、移動仕掛け、全誘導仕掛け、あるいは沈め釣りかもしれませんね。

全誘導仕掛けが無敵のような仕掛けだと思っているかもしれませんが、メリットがあれば、必ずデメリットが有るものです。

では全誘導仕掛けにはどんなメリット、デメリットがあるのか考えてみましょう。

チェリー
全誘導仕掛けとは、その名の通り、ウキを固定せず、上層から下層の全てのタナを探れることができる仕掛けです。
また、スイベルやなるべくガン玉を使用しないで、ハリス、ハリの重みだけでゆっくりとマキエと同調させながら、サシエを沈ませる釣り方です。

全誘導で狙う状況

  • タナがわからない時
  • タナが深い時
  • サオ1本位以上の水深があるポイントからサオを出すとき
  • エサ取りがまったくいないか、エア取りが少ないとき
  • 食い渋りが激しいとき

全誘導で狙わない状況

  • 食ってくるタナがある程度わかるとき
  • タナが浅い時
  • 水深がサオ1本以内の浅いポイントからサオを出すとき
  • エサ取りが多いとき
  • グレの活性が高くて、食い渋っていないとき


スポンサードリンク




チヌ釣りの仕掛け 中通しウキや2段ウキ、棒ウキの交換タイミング

チヌ釣りフカセウキとグレ釣りフカセウキはどう違うのか?

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。