チヌ釣りの仕掛け 小物選びの重要性を再認識!これで爆釣だ!!

チヌ釣りにしても、、メジナ釣りにしてもロッドやリールなどのタックルよりも小物類の準備を万全にしておく方が釣果アップにつながります。

すなわち、あまりタックルにお金を掛けなくても、こちらの小物類を出来るだけ多くの商品を揃えておくとこであらゆる条件においても対処できるようにしておくほうが釣果に影響が大きいですよ。

ただ、道具がたくさんあるだけではあらゆる条件には対応できないので、いろいろと考え、思いついたアイデァで釣りをすることで自身の引き台をたくさん持てるように経験をしておかないといけませんね。

たくさん経験することでだんだん釣果は上がってくるものです。


スポンサードリンク




チヌ釣りに使う小物

パラレルサルカン

komono6
komono14

全誘導の仕掛けで釣るときにほとんどの人は直結で結ばれるのですが、直結結びってかなり面倒な結びですよね。

このパラレルサルカン
を使用すれば、簡単にハリスと道糸を結ぶことはできますよ。

比重は海水と同じになっているのでサルカンのようにバランスが変わってしまうこともなく、サルカンよりも糸ヨレ効果もあるのでメリットのほうが多いと思う。

デメリットとしては直結よりも結びコブが小さくならないので、からまん棒のゴムを道糸からハリスに移動させるときはラインをカットしないといけないことぐらいかなぁ。

シモリ玉

komono11
komono12

最近は中通しウキの全誘導仕掛けが多いのでシモリ玉を使う機会が減ってしまったが、全くゼロではない。

棒ウキ仕掛けを使うときの全誘導では使わないが、タナを固定するときだけは使わないといけない。

半円タイプのほうがラインの通る抵抗が少なくていいが、よりゆっくり落としたいときには球タイプを使ってみよう。

なるほどウキ止め糸

komono13
中通し仕掛けでタナを固定するときや2段浮き出の沈め釣りではなるほどウキ止め糸を使っています。

別に専用糸でなくてもいいのすが、白色で目立ってわかりやすい糸のほうがいいので気に入って使っています。

釣武者 Tバックオバネ

komono1
komono2
ハリのチモトにTバックオバネを被せて、魚の活性が悪い時に使用します。

活性が悪い時はサシエを加えた時に少しでも違和感があるとすぐにサシエを吐き出してしまうので1秒でも長く吐き出すのを遅くするだけの効果はありますよ。

活性が高い時には被せる必要はありませんね。

DUEL TGパワーノットサルカン

komono7
ここに内容を
直結結びはどうしても細いハリス側のの強度の影響を受けます。
パワーノットサルカンを使えば金属サルカンの15%、直結結びの30%結節強度はアップします。

潮受け効果があり、しかも今までのサルカンと同じように簡単にハリスの交換ができます。


スポンサードリンク




潮受けゴム付きからまん棒

komono3
釣り場についたら真っ先にこの潮受けゴムを使って仕掛けを作ります。

潮受けゴムを使わない条件は表層の流れが風などで早く流れすぎているときは使えない。

からまん棒

komono4
フカセ釣りには必須の小物ですよね。
某ウキ仕掛けの時はハリスと棒ウキがよくからまったのですが、コレを使ってから絡まる度合いが劇的に減少しました。

中通しウキに使われるのは海中での視認性と仕掛け回収時のウキが落下してくる時のクッションの役割ですね。

オモリ付き潮受けゴム

komono5
道糸にガン玉を付けなくて済むので、ラインに傷がつかないのがメリットです。

ただ、価格が高い。

位置ズレ防止からまん棒

komono8
中央部のミゾに道糸を絡めるてからゴムを付けることで、からまん棒の位置がずれるのを防止してくれるすぐれものである。

普通のからまん棒は毎回落下してくるウキの衝撃で位置がすぐにずれてしまいますよね。

コレを使うことでからまん棒の位置がずれるストレスが解消できる。

位置ズレ防止からまん棒のおもり付き

komono9
上のからまん棒に糸オモリを付けて、使用してみた。
その上にあったおもり付き潮受けゴムと同様の効果がある。

しかも、価格が安く作れるのはうれしい。

2段ウキ用のウキゴム付きからまん棒

komono10
活性が高くなってきて、タナが浅くなった時に重宝する。

夏から秋口には活性が高くなるのをみこして仕掛けを作っておくと、わざわざカットして作り直す必要がなくなる。


スポンサードリンク




チヌ釣りの仕掛け フカセ釣りのガン玉の付け方が釣果に最も影響する!

チヌ釣り 釣れるポイントの選択眼を習得しよう | 堤防釣り編

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。