メジナ釣りのウキ釣りでも使える 直結より簡単な新感覚なサルカン

海でフカセ釣りをしていて、大物がかかった時、サルカンの結び目で切られたあなたにそんな経験はないでしょうか?

  • サルカンのイトヨレ効果が大きくハリスと道糸にはサルカンを使う。
  • ヨリモドシを使った方が仕掛けが簡単に作れる。
  • 直結の結びが面倒。
  • 直結の方が結びは強いがハリス交換が面倒くさい。

などの理由でサルカンを使われているのではないでしょうか。私も釣りの時はほとんど上記の理由でサルカンを使っていました。大物がかかった時ほとんどの場合、サルカンの根元で切られます。

なるべく弱くならないように結び直したりもしています。サルカンは金属、ハリス、道糸はナイロン系。違う材質同士を結ぶとどうしても弱い結び目に負荷が集中してしまいます。

それを考慮すると直結の方が結びの強度はあるのですが、電車結び以外だと長さにむらがあると綺麗に結べないどころか逆に弱くなったりします。

「これってどうにかならないの?」と考えていました。

スポンサードリンク

パラレルサルカン
つい最近新強いサルカンを見つけました。
その名はパラレルサルカンです。

このパラレルサルカンの特徴は

  • ヨリモドシ効果がすごい
  • 水と比重がほとんど変わらない
  • コンパクト
  • 結びがカンタンでヨリモドシよりも結びが強い。


スポンサードリンク




パラレルサルカン結び
構造はいったって簡単で小さい樹脂に小さい穴が開いていて、その穴にラインを通して抜けないように結ぶだけである。

道糸とハリスであれば反対側から通せばよい。結びは穴と穴の距離がほとんどないので結びの端糸が一直線になるように結ぶ必要があります。結びは8の字結びの変形のようになります。

パラレルサルカン結び方
8の字結びだと横に端イトが飛び出て、干渉してしまうだろう。

落とし込みでよく使うチチワ結びのような交換の面倒がなくなります。

グレ釣りの完全フカセで使用してもセミフロートなので付けエサが不自然に流れるなんてこともありません。

価格的にはヨリモドシの6倍ぐらいですが、メンテナンス次第では何度でも使えるので、ライン同士の直結ときのハリス交換する時間を考慮すると結果的に安くなります。

ヨリモドシは錆びるので使い捨てになりますが、これはなんどでも使用可能です。一度試してみることをオススメします。


スポンサードリンク




オススメのサルカン結び

オススメ直結結び

最強のサルカン結びはどれだ!!

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。