チヌ釣りの仕掛け 落とし込み釣りの堤防を歩く方向はどっちだ?

堤防で落とし込み釣りをしていると落とし込み釣りのベテランをよく観察すると、堤防の一定方向を歩いているのがわかると思います。

私も落とし込み釣りを始めたころ「歩く方向がなぜ同じなの?」って思ったことがあったのが、これは魚の習性を学習すれば、「なるほど!!」と理解できるでしょう。

魚はどちらの方向に向かって泳ぐのかとというと魚は潮上に向かって泳いでいます。

その理由とは??

スポンサードリンク

魚はどこに向かって泳いでいるの?

魚の移動方向

【潮上に向かって泳いだ場合】

海面に落ちたエサは潮上から潮下に向かって流れますよね。この偶然に魚の潮上に落ちたエサを魚が潮上に向かって泳いでいれば見つける確率は高くなります。

逆にエサに対して潮上にいた場合でもエサの着水音に気づけば、潮の流れに乗ってエサの在処まで迅速に向かうことができます。

魚にとって潮上に泳ぐ方がエサを捕食できる確率が高くなると言えます。

【潮下に向かって泳いだ場合】

逆に潮下に泳いだ場合はどうだろうか?

魚の潮上に落ちたエサと同方向に泳いでいます。エサの沈下速度は魚に比べてかなりゆっくり落ちていきます。そうなるとエサが落ちてくる場所にはもうその魚は「もういない」ってことになります。

たとえ着水音に気づいたとしても潮に逆らって泳がなくてはいけないので捕食までに時間がかかり、別な魚にエサを取られてしまう確率が高くなる。つまり、エサが流れる方向が魚と同方向だとエサを見つける確率はかなり減ってしまいます。

だからエサを食べようとしている魚は潮上に向かって泳いでるのです。

「魚が潮上に向かって泳いで行くのは分かったけど、どこを泳いでいるの?」

「エサの落ちている海底やエサとなる生物が生息しやすい場所を泳でいる。たとえば海藻の中やテトラポッドの中や、堤防にへばりついてる貝類がつく場所」です。

これらの場所には魚のエサとなる生物が身を隠しやすく見つかりにくいので、魚も積極的にそういった場所の
近くを泳ぐことが多いようです。

だから落とし込み釣りでは「潮の流れる方向に歩いていく」し、「エサは潮下に投入する」その方が釣りやすく、魚が釣れるチャンスが多くなると言えるでしょう。


スポンサードリンク




エサを潮下に投入して潮下に向かって歩くメリットは?

魚のエサの見え方

エサを流す基本は「エサを先行させる」。これができていないとハリについたエサを魚は食べてくれません。

もし、仕掛けが先行していてエサが引っ張られるようであればエサの流れが魚から見れば不自然に見えます。

そんな不自然なエサは警戒されて飲み込んでくれないです。エサをつつかれてなくなるのが関の山ですね。

だから落とし込み釣りではエサを先行させやすいように「エサを潮下に投入して、沈下速度に合わせて潮下に歩く」これが一番釣りやすいですよ。

エサを先行させているとハリの付いたハリスが魚から見えにくいといわれているが、「ハリスが見えないから食う」「ハリスが見えたら食わない」かどうかはわかりません。しかし、「エサが魚から見て自然であれば食ってくれる」これが「エサが先行していること」であるのは事実でしょう。

「エサが先行していないと釣れない」は正解である。これは長年釣りをしてきてわかった経験である。「エサを先行させる」ことを守って釣りをすれば、魚は釣れるように必ずなります。


スポンサードリンク




落とし込み方の基本(底狙い)

落とし込み方のアタリの種類

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。
魚のえさの見え方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。