ケブラー以外でアシストフックを作ってみた!意外にも使えそうだ

メタルジグアシストフック
アシストフックって高いと思いませんか?
セキ糸を使って根ずれをして、ニードルを使ってリングに固定。
とっても面倒くさい。

もっと簡単で安くできる方法を考えました。
しかも余ったPE糸でできるのです。

PEもいろいろと発売されているが、シャキッとした感じのラインが
アシストフックには向いています。

わざわざアシストフックのためにケブラーを買わずにラインとして使っているものを使用すればいい。

しかも簡単にできます。

私のオススメは YGK リアルスポーツ G-soul X8 アップである。
これは8本組みになっていてファイヤーラインほどのコシがあるので使いやすい。

エサ釣り風に簡単に作ってみた

私はエサ釣りもしていたので「アシストフックを普通にハリに結んで使ったらだめなの?」って疑問があった。

実際使ってみても何の問題もない。

ルアーメーカーが見た目を「かっこよく見せて高く売りたいだけ?」って思ってしまう。

スポンサードリンク

アシストフック1
この結び方ではさすがにラインにハリがないのでケブラー3号~5号がいいだろう。
それ以外は使いたいハリを用意する。
(ターゲットの魚にハリ、ラインを合わせよう)
アシストフック3
ハリの結びはすっぽ抜けがない
内掛けクロス結びをオススメする。
⇒内掛けクロス結びの結び方はコチラ
結び終わったらラインを適当な長さにカットする。
アシストフック4
2つ折りにして、リングに通します。
アシストフック5
次にできたラインの輪っかにリングを通せばリングに固定できます。
これではほどけるかもしれないのでエンドノットで締めます。
アシストフック6
これで完成。2本にしたい場合はカットせずにハリに結べる。
この内掛け結びは決めた長さにハリに結べる唯一の結び方だ。
ハリが回るのを防止するには収縮チューブを巻けばいいだろう。

歯の鋭い魚に対応したいときのアシストフック

「アシストフックをもっと繊細なフロロを使いたい。
でも対象魚の歯が鋭くてケブラーにしたい」ってなんて状況の時に使えそうなものを考えてみた。

磯釣りで尾長グレ釣りに使われるやり方だ。

アシストフック1-1
ケブラーとフロロカーボン、ハリを準備する。
アシストフック1-2
ケブラーとフロロを同時にハリに結ぶ。
アシストフック1-3
ハリにチモトを補強するためハーフヒッチでケブラーをフロロに絡ませる。
アシストフック1-5
気に入った回数で最後にエンドノットで締める。
アシストフック1-6
最後にリングを付けて出来上がり。
かなり不細工なので誰も使わないだろうが結果的に釣れればいいのだ。
アシストフック1-7
カーボンハリスだけのアシストフックもアリだと思う。
特にアジングにはハリにスキンを巻いたアシストフックなんか効果がある。


スポンサードリンク




2本より線アシストフック

アシストフック2-1
PE線もしくはケブラーをハリの軸に2回絡ませる。
アシストフック2-2
ハリ先側のラインをハリに軸の内側になるようにひねってハリの軸に絡ませる。
これはトックリ結びだ。
漁師結びの前半の結び方だ。
アシストフック2-3
適当な長さにカットして、ハリをテープなどで固定する。
ラインの端部を同じ方向にねじっていく。
アシストフック2-4
2本のラインをくっつけて、固定していたハリを外し、ハリを少しずつゆるめると自然と2本が絡まってくる。
この写真では1本をねじり過ぎた悪い手本だ。
アシストフック2-5
ていねいにすると写真のようになる。
アシストフック2-6
緩み止め防止に2本同時に結んでしまうか、1本をもう一本にエンドノットで結んでもOKだ。
アシストフック2-7
できたより線をリングに通す。
アシストフック2-8
リングに通したラインの輪っかにもう一度リングを通せばリングが固定できる。
アシストフック2-9
緩み止め防止にハーフヒッチをしてからエンドノットでもいいし、エンドノットだけで締めてもいい。

余分をカットすれば出来あがり。
フック際には回り止めに収縮チューブを使おう。

三つ編み型アシストフック

アシストフック3-1
3本のPEかケブラーを適当な長さにカットして、2本よりと同様にハリの軸に絡ませる。
アシストフック3-2
2本ずつ3組にして三つ編みの要領で編んで行きます。

三つ編みの編み方は右側のラインを中央にして、次は左側のらいを中央にもっていき、これを交互に繰り返していく。

アシストフック3-3
緩み止めには、どれか1組のラインで1回結び(エンドノットの1回版)で固定できる。
アシストフック3-4
2本より線と同様にリングに固定した写真が右になる。

この写真はわかりやすいように太めのケブラーなのでかなり太いが、もっと細い線ですればかっこよくできる。

補修糸で作ってみた

アシストフック
補修糸で作ってみたが、ハリもなくすぐにほどけるのでかなり不細工だ。
でもイメージはできると思う。


スポンサードリンク




ルアー釣り関連ページ

ヒラメ・マゴチ釣りの好ポイントはどこ?

74kgのデブキャラだったオレが大したトレーニングなしで細マッチョになれた理由

   
最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事が少しでも役に立ったと思ったいただけたら、
「いいね!」や「シュア」をしてもらえると記事更新の励みになります。

ABOUTこの記事をかいた人

長年、思ったようにターゲットの魚が釣れない時期があったのですが、あるきっかけで釣れるようになりました。「ある日、突然釣りがうまくなる」そんな感覚です。 しかし、釣れる、釣れないの差はほんの少ししかありません。 このことはほとんどすべてに当てはめることができると思います。大きな違いをもたらす小さな違いに気が付くかで、結果に大きな違いが現れます。 そんないろいろな情報を紹介したいと思います。